防犯カメラの工事をしよう|安全性が高くなる

不法侵入を24時間監視

セキュリティカメラ

威力を発揮する防犯カメラ

住宅への空き巣被害は後を絶たず、自宅前に駐車していた車へのいたずらや壁への落書きといった被害も多く発生しています。このような不法侵入による被害の防止を目的として、最近では一般住宅でも玄関先などに監視カメラを設置する例が増えてきました。防犯カメラとも呼ばれるこの監視ユニットはカメラ部分と録画装置から構成されており、両者の間はケーブルや無線によって接続されています。24時間の定点撮影が可能な監視カメラも近年の画質向上が著しく、万が一不法侵入が発生した場合でもクォリティの高い証拠映像を残してくれるのです。このような監視カメラには同軸ケーブルを使用するアナログカメラと、LANケーブルや無線LANで接続するネットワークカメラの2種類があります。ハイビジョンの高画質を実現しているのは後者の方で、ケーブル長による制約を受けない無線方式と接続の安定した有線方式それぞれに長所が指摘できます。監視カメラの暗視機能も大きく向上しており、わずかな光でカラー撮影が実現される高感度撮影や暗闇でも撮影可能な赤外線撮影で夜間の不審者も見逃しません。動きを感知するセンサーと連動して録画や携帯電話への通知を行う監視カメラも登場しており、異常が発生した場合にも迅速に対応できます。玄関先や道路から見えない場所などにこうした監視カメラを設置することによって、不法侵入の被害防止に大きな威力を発揮するのは間違いありません。空き巣を試みる者の大半はこのような監視カメラの設置されていない無防備な住宅を狙う傾向が強く、設置されているのを見ただけで侵入を断念する確率が高くなるのです。被害を防ぐ目的以外でも、車や住宅に対するいたずら被害の確実な証拠を得るような目的に監視カメラは多く利用されています。固定ボックス型だけでなくドーム型や視野制御型の監視カメラもありますので、広範囲を監視するような目的にも効果が期待できるのです。